酵素の効果 » 酵素ドリンクでプチ断食|回復食は細心の注意が必要

酵素ドリンクでプチ断食|回復食は細心の注意が必要

酵素ドリンク

酵素ドリンクを使ってプチ断食をする人が増えていますよね。

短期間に集中して断食することで、効果が早くあらわれると
プチ断食に挑戦する人が増えているようです。

完全な断食とは違い、酵素ドリンクをとりながらの断食ですので、
「自宅で簡単にできる」とトライする人が多いのですが、
プチ断食といえども、細心の注意が必要です。

できればホテルや施設での断食ダイエットプログラムなどに参加して
手順や注意点を把握してから、自宅で取り組むのがベストです。

施設での断食プランは全くの飲まず食わずではなく、
身体に必要な水分をとることはもちろん、野菜ジュースなどを飲みながら、
2泊3日程度の期間で続けることが大半ですね。

低カロリーの飲食を継続しながら、スパやフィットネスの施設を利用したり、
さらには専門家による健康の講義や診断、ウォーキングやヨガなどの
レッスンを受けられるものも多く、人気になっています。

最近の酵素ブームで、どのホテルのプランもいっぱいで
数カ月先まで空いていないところもあるようです。

断食の後半は回復食と呼ばれる食事内容になっています。

消化の良い食事をとりながら、徐々に普通の生活に戻すのですが、
だいたい断食日数と同じ日数をかけて、少しずつ食事量を増やしていく
というプランが大半です。

完全な断食ではないので、回復食は同じ日数のところが多いと思いますが、
実は断食では回復食はとても重要なポイントになっています。

断食道場でも、あるところは回復食を断食日数の倍の日数をかけて
食事量を戻すべきだと教えているところもあります。

その人に胃腸の状態によっては、断食した後、胃腸が消化できる力を取り戻すのに
時間がかかる人がいるからだそうです。

リスクを避けるためにも、注意が必要なんですね。

体質改善のためにプチ断食をする人もいるはずですが、
その場合はとくに気をつけましょう。

ちょっとでも体調が悪い時は、自宅でのプチ断食は避けたほうがいいでしょう。

また、専門家のアドバイスを受けた断食プランに参加したことがない場合、
基礎代謝を下回るカロリー摂取は、終了後に過食を引き起こす原因となったり、
飲食の内容によっては脱水やめまいを引き起こす可能性もあり、
健康面での危険が伴うこともあるんですよ。

ですから自宅でのプチ断食をするのは2日以内のほうが望ましいといえるでしょう。

その間のアルコールの摂取や激しい運動は厳禁です。

酵素ドリンクでのプチ断食は前日の夜から軽い食事を始め、
次の日は食事を摂らない代わり1日6回、酵素飲料ととるという内容が多いですね。

さらに次の日からは回復食として、朝は三分粥、昼食に五分粥、夕飯に軽い普通食というように徐々に食事量を戻していきます。

健康で美しくなりたいと願って、プチ断食をして体を壊したのでは
本末転倒ですから、あせらないでゆっくり食事を戻しましょう。

 

酵素ドリンクで置き換えダイエット|楽してやせやすい体にTOPへ